mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

オリンピック閉会式に手話通訳ついて〜よかったブログ987日目〜

おはようございます!miekoです。

 

東京2020オリンピックが終わりました。

あっという間に終わっちゃったなぁ。

昨日の閉会式にはEテレで手話通訳が付きました。

開会式の時に手話通訳者がいたにもかかわらず

テレビ画面に映されず、

「無観客でやっているのに、テレビに映らなかったら

誰にも見えない。意味ないじゃん!!

通訳の方もこの日の為にいっぱい勉強してきただろうに、、、」

ちょっと悲しくなりました。。。

 

放送のあり方に疑問と不満の声が出て

全日本ろうあ連盟がNHKと民放連に

7月26日要望書を提出したそうです。

<台湾や韓国では開会式が放映されるにあたり、

手話言語通訳が付与されていたのに対し、

日本では付与されていなかったということは

大きな問題であり、差別であると考えます>

そこには台湾と韓国の放送画面の写真が添付されていました。

 

これに対し、

NHKは4日、閉会式に手話通訳をつけて生中継、

23日の開会式も手話通訳をつけて60分に編集した短縮版を

6日午前0時から、いずれもEテレで放送すると発表した。>

民放連からは回答はなかったそうです。。とほほ。。。

 

Eテレの閉会式の通訳は、

アナウンサーが情景の説明や感想を話しているのを、

「耳の聞こえる手話通訳者」が手話表現し(鏡になって)

その手話を見た「耳の聞こえない手話通訳者」が

さらに、ろう者がわかりやすい表現にしていたようです。

 

~今日のよかった~

この二重通訳で、ろう者も臨場感をあじわえたかな^^

 

◎見ていてタイムラグがなくて、鏡通訳の人も

ろうの通訳の人も集中力と頭の回転が、スゴイな~!

と思いました。

ろう通訳者3人のおそろいの黒シャツもカワイイ^^

f:id:mieko-chan:20210809095253j:plain