mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

手話の試験3~よかったブログ251日目~

こんにちは、miekoです。
 
区の登録通訳者の試験を受けるわけですが、
頂いた資料の復習をしていたら、うちの区には登録通訳者が27人しかいないんだって!
ひぇ~!そんだけ難しいってことだよね~!!
毎年受ける人数は30人くらいいるらしいので。
 
利用登録者(ろう者)は50人、年間通訳依頼件数は500件!!
1人20回くらいやっている!
しかも、ろう者の高齢化に伴い病院の付き添い依頼が増加、
障害者差別解消法が施行され、ますます依頼件数が増えているそうだ。
 
これを知った2年前は、まだまだ先の事で、
試験受けるかどうかなんて考えてなかった。
(つーか、こんな数字忘れてたーーー!)
 
むしろ上の級に進むかどうか、帰り道「どうしますぅ?」と毎回話していたような状況で、
その話してた人は「私、無理!」と進級せず、なんか私はこんな事に、、、
ただ通うのが楽しくて、それだけでここまで来てしまった、、、
 
「試験を受けないと私の指導が悪かったってことになっちゃうから、みんな受けてねぇ~。」
と先生。
 
~今日の気づき~
あんまり深く考えずここまで来て、よかった!
いろんな情報が入ってたら辞めてたかも!!
 
◎受験申し込みの自己アピール欄に、
「ろう学校で和田裕美さんの陽転授業をやりたい」
なんて、それって通訳とは違うんじゃない!って事を書いちゃった。
それでも、受験資格もらえて、よかった^^