mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

弁当の日~よかったブログ317日目~

おはようございます、miekoです!

 

昨日、手話のワイプが付いていて勉強にもなる「テレビ寺子屋」を見ていたら、

いい話が聞けましたー。

講師は「子供が作る弁当の日」を作った竹下和男先生。

小学校で校長先生をしていた竹下先生は、

最初弁当の日をやろう、と言った時には猛反対されたそうです。

PTA会長を呼んだ時には

「うちの子に弁当なんか作らせません!」

「うちの子には、包丁なんか持たせられません!危ないです!!」

 

(手話通訳さんのこの時の表情が素晴らしかった)

 

あるお父さんからは

「困るんです。うちは父子家庭です!誰が作り方を教えるんですか!!」

 

この時に言ったそうです。

「誰がその状態を作ったんですか?子供からお母さんを引き離したのはあなたでしょ。最愛のお母さんを奪ったのはあなたでしょう。あなたが話し合って子供を引き取ると言ったんでしょ。」

 

その後、お父さんは料理本を買って料理を始め、テレビの料理番組を見てはメモを取って、子供に料理を教えたそうです。

すると、学校で暴れていたその男の子も変わっていったそうです。

 

『お父さんに大切にされている』

 

~今日の気づき~

愛が人を変える!

 

◎人を愛せない人に人を育てることはできません。

人を愛せない人は人から愛されることがありません。

人を愛せない人は人を許せません。

人を愛せない人は人を認めません。

和田裕美「誰でもリーダーになれる3つの約束」より