50を過ぎて雑用が出来てよかった!~よかったブログ27日目~

和田式陽転エデュケーターのmiekoです。

 

毎朝友人が、和田裕美さんの本から抜粋してラインを送ってくれます。

私は和田さんの本を全部持っているわけではないし(すいません)、

読んでいても忘れている事も多いので、毎朝楽しみにしています。

昨日は特に、心に引っかかりました。

 

以下その内容です。

 

これはとてもシンプルなことで私がいつもやっていることです。それは「誰かの幸せになる」ことです。これは「誰かを幸せにする」と言うことではありません。相手の「幸せそのもの」になってしまうということです。

 「誰かの幸せになる」ことで、その幸せが循環していくなら、誰だって、いつも重要な役割を果たせるのです。あなたの存在は、あなたの笑顔は、たくさんの人に必要とされているはずなのです。そして、循環したその「幸せ」は、世界中をぐるっと回って、いろいろな人の心に小さい花を咲かせて、またあなたのところに戻ってくるかもしれない。そう思うともっとわくわくします。

 『「やる気」が出るコツ、続くコツ〜わかっているけど動けないあなたへ』

ダイヤモンド社)より

 

私、けっこう職場で雑用やってます。誰に頼まれたわけでもないんですけど。

言ってもやってくれないから、やっちゃおうっていうのもあるんですけど。

たまにイライラする時もあったりして・・・。

まだまだ修行がたりないなぁと思ったりして・・・。

 

そんな事を考えていたら、ラジオから

「職場で、パートの人が、孫と年が同じ位といってかわいがってもらえるんです。

孫の話聞いたり、私は彼氏の話をしたりして楽しいです」

「年が離れているほうが楽です」

「同世代と話があわなくて、年上の人と話が出来て楽しい」

と聞こえてきた。

 

先日同い年の友人と休日にランチしていて

「これからAIが職場に入ってきたら、新入社員が難しい仕事して

あたしたち世代が、今まで新入社員がやっていたような仕事するようになるんだって。」

 

~今日のよかった!~

「50を過ぎて雑用が出来てよかった!」

よかった!

平常心を保つ練習になる。

今から練習できてよかった!

 

◎荷受・おそうじ・お茶くみ・・・動いていたほうが楽しい!!!

誰かの幸せになってるかな~?