mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

平凡な毎日に感謝〜よかったブログ708日目〜

おはようございます!miekoです。

 

昨日は和田裕美さんの会員制度パワースクールの朝活生朝礼でした。

和田手帳44週「何もないこと」の幸せを感じるWEEK

「何もないこと」って実はすごくハッピーなことだと私は思うのです。

1日の終わりに、

「事故がなくてよかった」

「怪我がなくてよかった」

「1日何もない日でよかった」

と言えるって、すごく幸せなことなんです。

そうやって幸せを感じていたら、

きっといいことがやってくる。

それが人生の法則です。

地面が泥沼みたいな人がいる。

「どうせよかったなんか無い」

「よかったなんか探したく無い(幸せになると困る人)」

不幸、ついてない、が自分のアイコンになっている。

例えば勉強出来ない理由を探す。家がこうだから。共働きで家に親がいなかったから。

生きる理由が不幸。不幸じゃないと困る。生きる土壌が違う。

自分の心の畑に花が咲いた、よかった!という人。

自分の心の畑に何も無い、花も咲いてない。。。という人。

でも・・・ミサイル落ちないでよかった。感謝するのが平和のスタート。

人は不幸が無いと幸せを感じない。

何も無い、刺激が無い、退屈・・・。

でもニュートラルはみんなが落ち着いた状態。

大きな苦しみは、小さな苦しみを消す。

一回体験すると、痛みの耐久性が出来る。

辛い体験をしている人は心が強い。

戦争の時は、みんなが一度に不幸になった。平等な不幸。

「自分だけ不幸」の定義が生まれづらいから高度成長した。

自分だけ不幸、自分だけ被害者は他人を傷つける。

うまくいかない理由を探すのではなく

心がわくわくする事を考える。

「愛と勇気だけが友達さ」やなせたかしさんのアンパンマンの詩。

「何かを始める時は孤独だ」と言っている。

どうしてもわくわくしない時は、歌を唄う。

 

〜今日の気づき〜

平凡な毎日って、幸せ。

 

◎朝活が終わってから、ずっと私、

去年のわくわく伝染ツアーの髭男の歌を口ずさんでいる^^

和田裕美オンラインサロン | パワースクール!

2021 W's Diary 和田裕美の営業手帳2021(ライトグリーン)

2021 W's Diary 和田裕美の営業手帳2021(ライトグリーン)

  • 作者:和田 裕美
  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)