mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

吉葉山~よかったブログ508日目~

おはようございます!miekoです。
 
先日ダンナが誕生日プレゼントに
両国の「割烹吉葉」に連れて行ってくれました。
ここは、かつて吉葉山御殿と言われた元宮城野部屋を改装した店です。
なので中央に本物の土俵があります。
女性も中に入っていいと言うので、
草履に履き替えて歩いてみると
ふかふかしていて気持ちいい。
土俵は毎日水拭きしているそうです。
そしてここを建てた吉葉山
1920年北海道の裕福な網元に生まれるも破産。
中学を出て地元の会社に就職した。
学歴が無いので一念発起して東京へ。

身体の大きかった吉葉山
降り立った上野駅で人違いで相撲部屋へ連れて行かれた。
そこで女将さんに「うちに入門してくれ」と懇願され弟子入り。
めきめき強くなったけど、なかなか横綱になれず召集され戦地へ。
銃弾を2発受け、1発は貫通し1発は足首に残って帰還。
やせ細った身体を鍛えて大きくしやっと横綱になるも
銃弾の後遺症や病気で休場が続き4年後に引退。
そして、この立派な総檜造りの吉葉山道場を建て
その後宮城野の名跡を譲られ後進を育てた。
白鵬は孫弟子にあたり明治神宮の奉納土俵入りの時には
吉葉山の化粧まわしをしめたそうです。
 
~今日の気づき~
人違いから始まった土俵人生。
スゴイ人生だ!
 
◎この土俵には、いっぱいの汗が沁み込んでいる。

f:id:mieko-chan:20200228081605j:image