mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

パワスクVol.9要約「死ぬ準備をして、夢を叶える」〜よかったブログ1059日目〜

 おはようございます!miekoです。

 

  和田裕美さんのオンラインサロン、

パワースクールシークレットオンラインセミナーVol.9の要約やります。

 

「死ぬ準備をして、夢を叶える」

 

70代男性。日本画家デビューし来年ドバイで展覧会に出展する。

家族の為にグラフィックデザイナーをしていたけれど夢を叶えた。

今、楽しくてしょうがない。

鉱石を砕いた岩絵の具で描いた絵がピカピカしている。

 

『2030年世界の大変化を「水平思考」で展望する』

『2040年の未来予測』という本を読んだ。

私たちが老人になる頃は「老人」では無い。

テクノロジーの進歩を紹介している。

1922年アインシュタインはフランスから日本まで40日間の船旅をしてきた。

その間に、腹痛、下痢、嘔吐。腸カタルに罹った。

1921年ノーベル賞授与の電報を船の中で受け取った。

神戸から東京まで10時間かけて到着。

43日間日本中を電車でまわった。

100年後の今、40日間の船旅は飛行機で12時間になっている。

 

2019年入学児童が消えた韓国の学校。

読み書きの出来ない祖母たちを新入生に。

ミレニアル世代より、私たちが70、80代になった時の方が

夢を追ってお金を使って、

新たな市場が生まれているかもしれない。

 

韓流ドラマ「ナビエラ」。

アルツハイマーになって70歳からバレエを始めたおじいさん。

こどもの頃からの夢だった。

こどもの頃は貧乏で習えなかった。

息子たちには、

「恥ずかしい!お母さんと山登りでもしたらいいじゃないか」と言われた。

山登りをしたけど全然楽しくない。

おじいさんおばあさんを演出しなくちゃならなくなる。

「本当に怖いのは、やりたい事が出来ない事や、

やりたい事を忘れてしまう事なんだ。

私には迷っている暇は無いんだ。

やれる時にやってみたい」

 

死をみつめる、夢もみつめる。

人生100年時代ではやり直せる。

これからテクノロジーがやってくれる未来がくる。

今の標準で決めない。

わくわくした未来を生きる。

 

~今日の気づき~

「年だから」は無い。

 

◎この100年でこ~んなに変わって、

これからどんな時代になるのか楽しみだ^^

f:id:mieko-chan:20211023101621j:image f:id:mieko-chan:20211023101624j:image

【パワースクール!】和田裕美のオンラインサロン (powerschool.tokyo)