mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

国内工場の未来〜よかったブログ636日目〜

おはようございます!miekoです。

 

アパレル業界紙繊研新聞一面にこんな記事がありました。

「【国内縫製工場 自社ブランド開発の動き マスク、ガウン生産きっかけに】

厳しい経営環境が続く国内の縫製工場だが、長年の下請け気質から脱却しようと前向きな企業が出てきた。

コロナの影響でさらなる試練にさらされる一方で『ピンチをチャンスに』するために自社ブランドの開発だ。

きっかけはマスクや医療用防護服を生産・販売したこと。この経験やノウハウを磨き、新たな事業に挑もうという流れがある。

ある工場はマスクを地元の自治体へ2万5千枚寄贈、市販の要望に応えて立ち上げたECサイトで引き続き販売している。販売開始から5万枚を消費者に届けた。

マスクや防護服を通じて地域社会や社会に貢献できたことが工場の自信につながった。

防護服は経済産業省の取りまとめで8月末から10月にかけて受注する予定。本業を納品した後の閑散期に生産出来るのでありがたい。

SNSやECなどのデジタルツールの進化により、作り手と消費者が直接繋がることは容易になっており、実力次第で成長出来る余地は大きくなっている。

アフターコロナに向けて自社の強みを見極め、DtoC(メーカー直販)型のファクトリーブランドによるファン作りに挑戦する国内工場はもっと増えていくだろう」

 

〜今日の気づき〜

前にそうなるんじゃないか!とブログに書いたけど、当たった!^ ^

 

◎「ピンチをチャンスに」「ファン作り」「強み」

気になるワードがいっぱい出てきたぞー!

 

mieko-chan.hatenadiary.jp