mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

食人族に囲まれたら〜よかったブログ607日目〜

おはようございます!miekoです。

 

昨日は2週間ぶりの朝活朝礼でした。

やっぱり朝活はいいですねー^ ^

 

和田手帳28週 「人の心を動かすWEEK」より

人の心を動かすためにもちろん言葉は必要です。

しかし、人の心に届く言葉があったとしても、それを誰が使うかで伝わるか伝わらないかが決まるんです。大切なことは何を話すかではなく、誰が話すかだからです。

あなたがわくわくしていたらそのわくわくが伝わるし、あなたが挑戦する人なら相手も挑戦したくなるのです。人を動かすのは、言葉ではなく心なのです。

心の無い詐欺師がどうして人の心を動かせるのか?

詐欺師は自分が詐欺師だと思っていない。なりきっている。俳優さんの様に深層演技をしている。

アナウンサーは心込めないでニュース読む。一つ一つ心込めてたら大変な事になる。表層演技。

ブリタニカ時代は、田中角栄みたいに熱がこもった喋り方する人がいっぱいいた。毎日が話し方の勉強みたいだった。

月曜日の朝礼は、「頭使ってんの?」「馬鹿じゃねーの!」「どんな気持ちでやってんの?」(本気でやらないとやっべー!と思った)そして最後は「信じてるから」で締めくくる。

ぬるい感じだと動かない。

もし、食人族に囲まれたらどう?

人を動かす話し方が出来ると思う、食べられちゃうから。

熱込めて喋った人の方が共感度が高い。

芸人さんは司会も役者も出来る。

500万円のジェームス・スキナーさんのセミナーは一文無しで大阪のリッツカールトンに集合することが最後の課題。友人の和仁さん、鮒谷さん、朝倉千恵子さん、みんなゴールした。

劇場型の「感情の揺さぶり」を、トレーニングで作っておく。

余談:今ハマってる漫画。「薬屋のひとりごと」。

 

~今日の気づき~

食人族に囲まれたら、なんて考えたこともなかった。

ぬるい中にいるな~。

2020 W's Diary 和田裕美の営業手帳2020(グレー)

2020 W's Diary 和田裕美の営業手帳2020(グレー)

  • 作者:和田 裕美
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)