mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

運をよくするには〜よかったブログ588日目〜

おはようございます!miekoです。

 

今週のパワスクzoom朝活は

和田手帳25週「落ち込み」に感謝するWEEKでした。

落ち込む時って、誰にでもありますよね。

そんなときに落ちた場所から見えるのは

暗くてじめじめした世界です。

けれど私は、ときに「落ちた世界」をどっぷり味わうことも大事だと思っています。

そこでしか見えないことがあり、

気づけない学びがあるからです。

その学びを発見したら、

感謝パワーが生まれて100%上がれます。

どんまい、どんまい。

 運にはバイオリズムがある。

運がよくなる人とならない人を比較すると、

ならない人は、落ちた時に過去の幸せビデオばかり見る。

「昔はこうだった」「あの時こうしておけば」

よくなる人は、無いより有るに目を向ける(=「感謝リセット」)。

「手があってよかった」「目が見えてよかった」

一生谷で過ごすかどうか自分で選択できる。

谷で、きのこを探すと元気になる。きのこ食べて大きくなる。マリオみたいにジャンプ出来る。

運は幸せを感じる力。ゴミ屋敷に住んでる人はきのこを探さなかった。

「あれが無い」「あの人が悪い」「私は不幸」

闇の中でいっぱい嫌なこと探す。

 落ちた経験は「モノサシ理論」。モノサシの目盛りが経験値。目盛りが細かいと相手のどれかに合う。

谷の恐怖が無くなる。

悪魔は不安と恐怖が好き。不安と恐怖が無くなると魔がささない。

谷に落ちた時は「私は『ドラマ』が好きなんだ」「私は『刺激』が好きなんだ」と思う。

 

〜今日の気づき〜

スッキリ暮らす事って大事!と改めて思いました。

 

◎ゴミ集めちゃう人って、「嫌な事」「不幸」集めるって、怖っ!

2020 W's Diary 和田裕美の営業手帳2020(グレー)

2020 W's Diary 和田裕美の営業手帳2020(グレー)

  • 作者:和田 裕美
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)