mieko-chan’s diary

日々のよかったや気づきを書いてます。

日焼け止めとプラスチック~よかったブログ535日目~

おはようございます!miekoです。

 

新聞にこんな記事がありました。

サンゴ礁に囲まれた太平洋の楽園、パラオ。年間10万人以上が訪れる観光の島だ。一方地球温暖化によるサンゴ礁の減少や、観光関連施設から出るごみ処理への危機感は年々強まっている。パラオは1月から「サンゴ礁の成長に有害」との指摘もあるオキシベンゾン、オクチノキサートなど10種類の物質を含む日焼け止めの販売、持ち込みを禁止した。背景にはサンゴ礁減少への危惧がある。海水温上昇が招く白化現象。サンゴの中にはかっちゅう藻が共生し、光合成で作り出した栄養をサンゴに与える。しかし、海水が30度を越えるとかっちゅう藻は外へ。その結果、サンゴは白くなる上、栄養が得られず死に至る。パラオ国際サンゴ礁センターでは高い海水温でも白化しにくいサンゴの生態について研究を進める。「われわれに地球温暖化は止められない。だからこそ次に起こる事を予測し、対処する方法を研究すべきだ」 

また、ごみの65%はホテルやレストランなどの商業施設から。リサイクルセンターを設置し、廃紙などを使った堆肥製造、廃ガラスを花瓶やコップなどの工芸品に加工。廃ガラスを溶かす熱源は廃プラスチックを油化したもの。発電機を動かし、炉を温める。ガラス細工を産業として確立出来れば観光にも役立つ。」

 

なんて素晴らしい!廃プラスチックが熱源になるなんて。

海洋プラスチックが石油に替わればいいなぁ^^

 

~今日の気づき~

物を選ぶ時、成分や出来上がるまでの工程を考えて購入しようと思いました。

 

◎オキシベンゾンは退色を防ぐので口紅なんかにも使われているらしいです。

10種類は何か調べました。

・オキシベンゾン

・オクチノキサート

・オクトクリレン

・エンザカメン

・トリクロサン

・メチルパラベン

・エチルパラベン

・ブチルパラベン

・ベンジルパラベン

・フエノキシエタノール