mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

『せ』から始まる言葉〜よかったブログ427日目〜

「『せ』から始まる言葉」です。

 

 「先生の言葉」

 

 ■  先生から言われて、いつまでも

心に残っている言葉ってありますか?

 

私はいくつかあります。

その時の先生の表情と一緒に。

 

 嬉しい言葉が多いけど、

少し傷ついた言葉もある。

子どもの頃の先生の言葉は

子どもにとっては絶対だった。

 

■  「農家が憎かった!」

小学生の時に担任の先生から言われた言葉。

先生は子どもの頃に終戦を迎え

農家に食べ物を分けてもらいに行っていたそうだ。

交換する着物を風呂敷に包み、背中に背負って何キロも歩いたのだろう。

うちは農家だったので「恨まれている!」と思ってしまった。

三者面談の時はドキドキした。

 

■でも、それで先生の事が嫌いになる、

ということは無かった。

先生は人気者だった。

ちょっとした、たぶん、会話の中の一言が

心の奥に、魚の小骨みたいに突き刺さってしまったのだ。

 

 ■まだ世の中を知らない子どもに接する時は

注意しなくちゃ、と大人になった今、思う。

 

~今日の気づき~

中学に進学して他の学校に異動になった先生の訃報を聞き、お線香を上げに行くと

いつも話に出て来たひとり娘が相手をしてくれた。

「あー、○○小の時の?」

私たちが娘さんの話を聞いていたように、

娘さんも私たちの事を聞いていたんだなぁ。