mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

記憶にございません!を観て思った事~よかったブログ378日目~

おはようございます!miekoです。

 

「記憶を無くして生き直す」と昨日ブログに書いていて、

ちょっと前に「テレビ寺子屋」で作家の落合恵子さんが、

自らの介護体験の話をしていたのを思い出しました。

 

母の誕生日を祝おうと、ケーキ屋さんにバースデーケーキを予約し、

ウキウキしながら準備していた朝、

「お母さん」

と母に言われた。

そして、お祝いの席に着いた母は、目の前にあるケーキに指を突っ込んだ。

その後、上からバシャッとケーキをつぶしてしまった。

 

終戦の年に生まれた落合さん。非嫡出子として生まれ、田舎にいられず東京に母子で出て来たと昔本で読んだ。そして母親は昼間は図書館で働き、出勤前にビルの清掃の仕事をしていたと昔ラジオで聴いた。

 

きっと苦労したんだろうなぁ。誰にも甘える事が出来なかったんだろうなぁ。

 

~今日の気づき~

認知症になる人って、もしかしたら、

なりたかった自分を、やり直しているんじゃないかなぁ。

 

◎昔大好きだった落合恵子さん。また、本を読みたくなりました。

 

~1日1手話~

認知症」右手2指の指先をこめかみにあてて少し下し、右手拳の親指側を額に軽く1回あてる。