mieko-chan’s diary

陽転エデュケーターmiekoが日々のよかったや気づきを書いてます。

医療的ケアの必要な子どもたち3~よかったブログ230日目~

こんにちは、miekoです。

 

またまた続き!

 

30年間勤めたNHKを辞めて、大きな希望を胸に転職した内多さんでしたが

開業当初はお客さんがぜんぜん来なかったそうです。

登録した人は60人もいるから、毎日埋まるだろうと甘く考えていたら

利用者ゼロの日も続いたそうです。

「こんなんじゃ1年で首になっちゃう!」と泣きたくなったそうです。

「弱虫毛虫つまんで捨てろ、と捨てられる。」

と毎日ビクビクしていたそうです。

 

そんな時、NHK時代のあるエピソードが脳裏に蘇ったそうです。

ある特別番組の収録で、登山家の故・田部井淳子さんと3週間かけて北アルプスの山々を登った経験。膝の痛みや疲労で動けなくなった時に、

「休むときは休む。それでも一歩一歩、歩いて行けば、必ず目標にたどり着く」

この一歩一歩の教えが、窮地を救う大きな力になったそうです。

「いばらの道」を歩かなくてはならない時「針のむしろ」に座らされる時、重圧をすべて肩に乗せてしまうとつぶれてしまいますから、目の前の課題を一つひとつ、すこしずつ解決していけばいいと頭を切替え、ずいぶん気が楽になったそうです。

 

~今日の気づき~

目標の山脈と一緒だ!