酒話〜よかったブログ96日目〜

和田式陽転エデュケーターのmiekoです。

 

手話講習会が夏休みだったので、同じ時間に居酒屋で酒話講習会をやりました。

アルコールが回ってくると、普段話さない自分の事を話してくれました。

ひとりの50代男性の話。

その人は10才の難聴の女の子と6才の男の子、ふたりの子供がいます。

お姉ちゃんは、聾学校に毎日お父さんとバスで通っているそうです。

スイミングスクールに通いたいと言われて、

探したけれど、耳が聞こえないと言うと、

なかなか入れてもらえなかったそうです。

「口形が読めますから。口を大きく開けて話してくれれば解りますから。」

と言っても、なかなか入れてもらえなかったそうです。

そんな中、入れてくれるプールが見つかって通い始め、

「今年、級が上がって先生が替わるので、また娘の事を受け付けでお願いしていると、新しい担当の先生が奥から出て来て『私が手話を勉強します!』

って言ってくれたんです!みなさんと同じような人が居たんです!」

もう、その話聞いて涙出そうでした。

 

〜今日の気づき〜

今は漠然と手話の勉強してるけど

私も、人の役に立てるようになりたい!

 

❤️耳が聞こえない人は目がいいそうです。

口の形を見て言葉が読めるってスゴイですよね!