ダンナが鉄ちゃんでよかった〜よかったブログ35日目〜

和田式陽転エデュケーターのmiekoです。

 

昨日、友人のブログを読んで感動しました。

会社の昼休み、目頭が熱くなりました。 

第75歩 銚子電鉄「ぬれ煎餅」 - kami’s diary

銚子のぬれ煎餅にそんな感動的なストーリーがあったなんて知りませんでした。

 

以前、鉄ちゃんの夫に連れられ、銚子電鉄の始発から終点まで乗った時、きれいな車掌さんが周って来たことを思い出しました。

「おねえちゃん、いくつ?」

「もしかして平成生まれ?」

なんておじさんに話しかけられ

「今年○○歳になります。ぎりぎり昭和なんですよー。」

お客さんと楽しそうに会話してます。

そのお姉さんが、先日行った中井精也さんの写真展に出てました。

夫と二人

「あっ、あのお姉さんだ!」

顔を見合わせました。

 

~今日のよかった!~

「ダンナが鉄ちゃんでよかった」

よかった!

ちょっとダサいけど、いろんな電車に乗れて、いろんな景色見せてくれる。

f:id:mieko-chan:20180615072018j:plain

◎終点の駅舎がレトロで、切符も固い切符を売っていた。(もちろんダンナは購入)

私、写真撮ったんだけど昔の携帯に入ったままだ!!!

写真アップしたかったのに、、、。

写真撮ったらすぐ整理しなきゃ、だね!